レースレポート

第3回全日本実業団サイクルロードレース石川 102.2キロ
中野清太郎 7月18日

レースはファクトリーの選手により一周目からアタックが繰り返される。 スタート位置がやや後方だったので、2周回始めには集団前方にあがり、 アタックに反応することに。
二回、三回と動くなかで3周回半ばに野寺選手らシマノ数名、アイサン数名、真鍋選手、橋川選手ら 有力どころの逃げ集団に乗ることに成功。
しかし同周回、ゴールライン手前でちぎれてしまい、メイン集団に吸収される。
メイン集団からは飯島選手や三浦選手他有力選手達が順次飛び出していくが、その動きに反応する余裕は既になく、 レースの展開としてはどうしようもない状況に・・・。
グルペットは完全にまったりペース。そこに取り残されたままでは先はないので、ある程度回復した後に数名で飛び出しましたが、
最終回にグルペット共々降ろされてDNFという結果に。完走二十名程度の厳しいレースとなりました。
新たな課題として、どうすれば逃げ集団に残ることができるのかを、そのために自分に足りない能力を考え、練習していく所存です。