レースレポート

JCRC第七戦 アートスポーツ杯 Sクラス 102キロ
西谷雅史 10月17日

群馬CSCで距離102kmで行われた。目標としている国体まで残り1週間となり最後の調整のつもりで参加をした。
スタートしてすぐにあまりのスローペースにスピードを上げ集団より抜け出した。 先行していたセレーノ飯田選手と合流して逃げる事になった。後ろを見るとまるで追う気がなく泳がされているようだ。 こうなったら思いっきり離してやろうと思いスピードアップした。飯田選手は間もなく切れて1人に。 数周したところで4人が追い上げてくるのが見えた。しばらくしてその4人と合流した。これで巡航するのがらくになった。 しかし1周ほどて崩壊してしまい残り半分以上を一人旅になってしまった。
国体に向けて追い込む為にハイペースを保ち逃げ続けた。集団との差は約2分、ホームでの折り返しで見える集団は かなり活性化してペースしているようだ。数人の追う集団が出来ているようだった。
最終的に追ってきた2人に1分30秒まで詰められたものの100kmを逃げ切り優勝する事が出来た。 国体に向けていい感触を得る事ができたレースになった。
最後にコースサイドで応援した下さった方々、ありがとうございました。


写真提供:kikuさん